本文へ移動

申請について

申請について

現在受付中の助成

千葉県共同募金会では現在、下記の助成申請を受け付けています。
 
■令和2年度 NHK歳末たすけあい助成                  11月25日(水)まで 
 
■「赤い羽根共同募金」テーマ選択募金 被災者・被災地支援助成      11月30日(月)まで 
 
■赤い羽根、コロナ禍により生じた生活課題に対する緊急支援に係る広域助成(2次) 11月30日(月)まで 

NHK歳末たすけあい助成  令和2年度受付中

助成対象 社会福祉法人、更生保護法人、財団法人、社団法人、NPO法人、任意団体が運営する
     生活保護施設、老人福祉施設、障害者施設、児童福祉施設、婦人保護施設、更生保護施設。
     ※複数の事業所、施設を運営する法人は1施設のみ申請できます。
 
助成内容 施設利用者の役に立つ備品(耐久財)の購入(設置費・修繕費を含む。)
   介護用品、就労支援・作業用品、生活用品、防災備品等
 
助成額  助成率   基本基準額 算定額の最大75%(千円未満切捨)
         NPO法人、任意団体 算定額の最大100%
     助成上限額 20万円 
 
書類提出 受付期間:令和2年11月2日(月)から11月25日(水)必着
   提出方法:郵送または持込
 
助成時期 助成決定   <1次>令和2年12月下旬
            <2次>令和3年1月下旬  
     助成事業報告 令和3年3月上旬
     助成金送金  令和3年3月下旬
 
注意事項 当助成は令和2年12月に実施する『NHK歳末たすけあい募金』でお寄せいただいた
     浄財を原資に実施します。そのため、新型コロナウイルス感染症の影響により、募金額が
     減少した場合、申請いただいても助成対象とならない場合があります。ご承知ください。
 

「赤い羽根共同募金」テーマ選択募金  被災者・被災地支援助成 受付中

助成対象 令和元年災害(台風15号、台風19号、10月25日の大雨)により被災された方を
     支援する活動を行う、社会福祉法人、NPO法人および任意団体が実施する以下の事業。
   ・被災者へのさまざまな事業
   ・行政や市町村社会福祉協議会では十分ではなく、補充する事業
 
助成内容 (活動例)
   心のケア、健康相談、サロン活動、高齢者への配食サービス、住宅のカビ対策講習会、
   ブルーシートの張替等
   ①会議費、研修費、報償費(講師謝金等)、交通費
   ②備品購入費、消耗品費、
   ③通信費、印刷製本費等
 
助成額  助成上限額 10万円 
 
書類提出 受付期間:令和2年6月15日(月)から11月30日(月)必着
   提出方法:郵送または持込
 
助成時期 助成決定   令和2年12月
     事業実施期間 令和2年12月1日~令和3年2月末 
     助成事業報告 令和3年3月上旬まで随時
     助成金送金  事業報告後10日程度(精算払い)
 
注意事項 助成上限額1件あたり10万円。助成回数は1団体につき1回のみとする。
     千葉県内全体で10団体以内
 

赤い羽根、コロナ禍により生じた生活課題に対する緊急支援に係る広域助成【2次受付中】

 NHKは、新型コロナウィルス感染拡大の影響によって変化した新しい社会で頑張る人々に寄り添い、
応援・支援することを目的にして、令和2年7月から『NHKウィズコロナ・プロジェクト「みんなでエール」』を実施しています。
 このプロジェクトは、中央共同募金会及び日本赤十字社の募金活動と連携し、新しい生活様式で生じる
さまざまな課題に対して支援しようとするものです。
 
 コロナ禍で生じた地域での新たな生活課題に対して、千葉県共同募金会としてきめ細やかな助成により
支援を行うことにより千葉県内の地域福祉推進を図ります。
要  項
助成対象事業
コロナ禍により生じた生活課題に対応する施設・設備の整備費及び事業に係る費用
<活動内容>
 ①地域の子供たちとその家族に対する支援活動
 ②高齢者、障がい者など、その他支援を必要としている人に対する支援活動
事業実施期間
令和2年11月16日(月)~令和4年2月10日(木)まで
※11月16日以降の活動であれば、申請時より前に開始された活動も対象とします。
助成対象経費
事業実施に必要な経費
 消耗品費、備品購入費、通信費、印刷製本費、活動に使用した会場の賃借料等
(経費の例示)
 ①地元の商店から食品を購入し、地域の困っている方に配布するための食品代・配送料
 ②事業を実施するための冷蔵庫等や通信機器の購入費、事業にかかる交通費 など 
 
<助成対象とならない費用>
人件費、恒常的に係る家賃等、助成対象活動期間外に支出した費用
助成対象団体
県内複数の市町村又は政令指定都市において活動する福祉団体、NPO法人等。
※ただし、以下の団体は対象外とします。
 ・営利企業・団体
 ・「赤い羽根子どもと家族の緊急支援全国キャンペーン」第1次、第2次及び
   第3次、第4次助成決定団体
助成率
事業費の100%
助成上限額
200万円 ※ただし、募金額により変動する可能性があります。
申請期間
令和2年11月16日(月)~11月30日(月) 15時 必着
助成時期
当会で選考の上、助成対象団体へ「助成通知」の送付(12月下旬頃)
申請者から事業完了届等から提出された後、内容を確認後、助成金を送付するものとする。(清算払い)

申請について

助成申請については、下記「広域助成要綱」及び「広域助成要領」をご熟読のうえ、
申請書・必要書類を当会へご郵送ください。
 
<受付期間>令和2年11月16日~11月30日 15時当会必着

赤い羽根共同募金広域助成【令和2年度受付終了】

 「赤い羽根共同募金」は、福祉のまちづくりを推進し、地域福祉のために活動する福祉団体やボランティア団体、社会福祉施設等を支援しています。
 令和2年度実施の赤い羽根共同募金から社会福祉および更生保護事業に係る備品、車両や修繕、増改築等の整備費、福祉活動の事業費を助成します。
整備費助成
事業費助成
助成内容
機器・備品・車両等の購入
改築・修理等の費用
県域、利用者が2市町村以上に在住または政令指定都市における社会福祉、更生保護を目的とする事業
助成率
①基本基準額 算定額の最大75%
②介護保険法に基づく施設
 算定額の最大50%
③NPO法人、任意団体
 算定額の最大90%
「基本基準額 算定額の最大75%
②NPO法人、任意団体
 算定額の最大90%
助成上限額
200万円
事業により相談
NPO法人、任意団体は100万円
申請期間
令和2年4月13日(月)~5月22日(金)必着
助成時期
翌年度助成(通常)令和3年度
当年度助成(緊急性・必要性の高い事業に限ります)令和2年度

助成スケジュール

令和2年度申請 赤い羽根共同募金 助成の流れ

4月
5月
6月
7月
8月
9月
申請受付
4/13~5/22
ヒアリング
5/25~6/24
助成内定
否決通知
下旬
10月
11月
12月
1月
2月
3月
募金運動
10/1~3/31
助成決定通知
下旬
令和3年度
4月
5月
6月
7月
8月
9月
事業実施 整備費:令和3年4月~10月       事業費:令和3年4月~令和4年2月
事業報告 整備費:事業完了後~令和4年10月下旬  事業費:事業完了後~令和4年3月上旬
10月
11月
12月
1月
2月
3月
整備費助成
事業報告
下旬
事業費助成
事業報告
上旬

当年度助成(災害復旧等緊急を要する事業)

申請受付・ヒアリング  上記カレンダー同様
助成決定        令和2年12月下旬
事業実施        助成決定後~令和3年2月
事業報告        事業完了後~令和3年3月上旬
助成金交付       事業報告書提出後2週間程度

助成の決定について

助成事業明示のおねがい
赤い羽根共同募金の”つかいみち”を多くの方々に知っていただくために、助成を受けるみなさまにご協力をお願い致します。 助成事業について、広報誌・HPなどでの周知をお願い致します。「ありがとうステッカー」をご活用ください。 助成マーク等のデータについてはお問合せください。 お早めにご提出くださいますようご協力をお願いします。

平成30年度広域助成 翌年度(2019年度)助成

令和元年度広域助成 即応型助成

TOPへ戻る